Home › Category Archives › インストール

(37) Octave 4.0.3 GUI版をインストール

2015年5月29日に GUI対応版Octave がようやくリリースされた!
VMWare上にインストールしたばかりの CentOS7Octave 4.0.3 をインストールして使ってみる。


(1) ダウンロード

こちらのホームページから ver.4.0.3 をダウンロードする。
http://www.gnu.org/software/octave/
octavehp

WGETコマンドで取得してもよい。

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/octave/octave-4.0.3.tar.gz

解凍しておく。

$ tar zxf octave-4.0.3.tar.gz

(2) 依存ライブラリ類をインストール

こちらのページを参照し、Octaveの動作に必要なライブラリー類を事前にインストールしておく。
http://wiki.octave.org/Building
octavehp2


(3) ユーザー権限でconfigureを実行

まずは何も考えずに configureしてみる。
インストール先は /usr/local を指定した。

$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

エラー発生…

configure: error: A BLAS library was detected but found incompatible with your Fortran 77 compiler settings.

上記の「(2) 依存ライブラリ類をインストール」で devel版インストールを失念していたのでいろいろと入れる。

yum install blas-devel
yum install lapack-devel
yum install qhull-devel
yum install fftw3-devel
yum install hdf5-devel
yum install glpk-devel
yum install fontconfig-devel
yum install fltk-devel
yum install qrupdate-devel
yum install arpack-devel
yum install osmesa-devel
yum install qt-devel
yum install gl2ps-devel
yum install qscintilla-devel
yum install java-devel
yum install mesa-libOSMesa mesa-libOSMesa-devel
yum install umfpack umfpack-devel
yum install suitesparse-static
yum install texinfo-tex
yum install GraphicsMagick-devel
yum install GraphicsMagick-c++-devel

インストール成功後に imread を実行時に
error: imformats: support for Image IO was disabled when Octave was built
なんて出てしまった時には、GraphicsMagick-c++-develが入っているかチェックを。

$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

警告発生…

configure: WARNING: JAVA_HOME environment variable not initialized.  Auto-detection will proceed but is unreliable.
configure: WARNING: Include file  not found.  Octave will not be able to call Java methods.
configure:
configure: NOTE: Libraries or auxiliary programs may be skipped if they are
configure: NOTE: not found OR if they are missing required features on your
configure: NOTE: system.

JAVA_HOMEには JAVAのインストール先をセットしておく。

$ export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java
$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

configureが完了しました。


(4) ユーザー権限でmakeを実行

$ make

(5) ユーザー権限でmake checkを実行

$ make check

FAILが10個も出た…
何に失敗したのかを後で調べよう。

Summary:
  PASS     12984
  FAIL        10
  XFAIL       25
  SKIPPED     84
See the file /home/aaaaa/tmp/octave-4.0.3/test/fntests.log for additional details.

(6) 管理者権限でmake installを実行

$ sudo make install

(7) GUI版Octaveを起動

インストールしたばかりのOctaveを起動してみる。
octave_app1
なんかそれっぽいのが出てきました!
これから色々といじってみようっと。

(29) GUI実装版Octave(3.8.0)がリリース

2013年の大みそか、待ちに待ったGUI版Octaveがリリースされた!
http://www.gnu.org/software/octave/

でもちょっと自信なさげだ…
まだ不完全なところが多数残っているのだろうか。

But because it is not quite as polished as we would like, we have
decided to wait until the 4.0.x release series before making the GUI
the default interface 
(until then, you can use the --force-gui option to start the GUI).

早速最新版のソースファイルをダウンロードし、makeしてみる。
ダウンロード元はこちら(↓)
ftp://ftp.gnu.org/gnu/octave
今回は最新版の octave-3.8.0.tar.gz を取得した。

make手順はこちら(↓)
(1) CentOS6.4にOctave3.6.4をインストール

make checkした結果、FAILが多い…

Summary:
  PASS     11121
  FAIL        10
  XFAIL       10
  SKIPPED    373

今回はGUIの出来具合を見たいだけなので、make installせずに run-octaveで様子を見てみる。

[user@dog-server]$ ./run-octave --force-gui

なんかそれっぽいのが立ち上がった!

しかし…

Octave GUI上でエディタが開かない。
つまり、ソースコード上でブレークポイントが設定できない。
つまり、ソ-スコードラインデバッグができない。

まだまだですね…
ver.4.0を待ちます。

使わせていただく立場で好き勝手言って申し訳ありませんが、「開発者の皆様、がんばってください!」

(25) imreadを使えるようにする

Octaveで imread を使って画像ファイルを読み込もうとしたところ、以下のようなエラーが発生した。

octave:3> imread('test.tif')
error: imread: invalid image file: imread: image reading capabilities were disabled when Octave was compiled
error: called from:
error:   /usr/local/share/octave/3.6.4/m/image/imread.m at line 74, column 7
octave:3>

どうやらOctaveをコンパイルしたときに画像ファイルの読み込みができるように作っていなかったようだ。

そこで Octaveを再度コンパイルすることにした。

[user@dog-server]$ tar zxf octave-3.6.4.tar.gz
[user@dog-server]$ cd octave-3.6.4
[user@dog-server]$ mkdir .build
[user@dog-server]$ cd .build
[user@dog-server]$ ../configure

すると configure実行時に imreadに関する以下のような警告が出た。

configure: WARNING: GraphicsMagick++ library not found.  The imread function for reading image files will not be fully functional.

GraphicsMagick++ライブラリが見つからずに imreadが不完全な動作になるとのこと。

GraphicsMagick++を共有ライブラリ(.so)生成指定付きでインストールする。

[user@dog-server]$ tar zxf GraphicsMagick-1.3.18.tar.gz
[user@dog-server]$ cd GraphicsMagick-1.3.18
[user@dog-server]$ ./configure --enable-shared
[user@dog-server]$ make
[user@dog-server]$ make check
[user@dog-server]$ sudo make install

ここで、Octaveの configureを再度実行してみる。

[user@dog-server]$ ../configure --with-quantum-depth=32 --enable-shared --disable-static --with-magick-plus-plus=yes

すると、また同じ警告が出た…

configure: WARNING: GraphicsMagick++ library not found.  The imread function for reading image files will not be fully functional.

config.logを見ると、どうやら環境変数 PKG_CONFIG_PATHGraphicsMagick++.pc のパスを設定する必要があるとのこと。
GraphicsMagick++の make installで出力されているはずなので /usr 配下で検索してみる。

[user@dog-server]$ find /usr -name "GraphicsMagick++.pc"
/usr/local/lib/pkgconfig/GraphicsMagick++.pc

GraphicsMagick++.pcが置かれている /usr/local/lib/pkgconfig を環境変数 PKG_CONFIG_PATH に設定し、再度Octaveのconfigureを実行する。

[user@dog-server]$ export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig
[user@dog-server]$ ../configure --with-quantum-depth=32 --enable-shared --disable-static --with-magick-plus-plus=yes

すると config.logから「imreadが…」の警告が消えた。

configureがうまく行ったようなので Octaveを make, make checkする。

[user@dog-server]$ make
[user@dog-server]$ make check

Octaveを make installする前に imreadが使えるようになったかを run-octave で確認してみる。

[user@dog-server]$ run-octave
octave:1> ls
picture.jpg
octave:2> img=imread('picture.jpg');
octave:3> size(img)
ans =
   241   266     3
octave:4>

imreadが正常に動作した。

最後に Octaveを make installする。

[user@dog-server]$ sudo make install

いろいろと手間取ったけれども何とか動くようになりました(^^)

(1) CentOS6.4にOctave3.6.4をインストール

(1) Octaveのサイトに行く

(2) Downloadページに移動

(3) Sourcesに記載されているftpサイトに移動


ftp://ftp.gnu.org/gnu/octave

(4) octave-3.6.4.tar.gzをダウンロード

(5) 圧縮ファイルを解凍

$ tar zxf octave-3.6.4.tar.gz

(6) 事前に必要なライブラリ類をインストール

必要ライブラリ一覧は、こちらの Octave wiki ページを参照のこと。
http://wiki.octave.org/Building

(7) ユーザー権限でconfigureを実行

configureのパラメーターを確認

$ ./configure -h | less

configureを実行

$ ./configure --prefix=/usr/local --with-quantum-depth=32 --enable-shared --disable-static --with-magick-plus-plus=yes

(8) ユーザー権限でmakeを実行

$ make

(9) ユーザー権限でmake checkを実行

$ make check

(10) 管理者権限でmake installを実行

$ sudo make install
$ sudo ldconfig

※ライブラリが不足する場合、configure実行時にエラーが発生します。
エラーが発生した場合は、必要に応じて不足しているライブラリをインストールします。

※FLTKをビルドする場合、–enable-shared 指定が必須。でないとoctaveビルド時にリンクエラーが発生する。

$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared